ライフスタイル

平日の夜に映画館へ行くようになった話

サウンドハウス

まいど、優貴です。

映画館に行くことってあまりないのですが、アニメが好きなので見ていたり気なっている作品の劇場版は見に行っています。

最近だと鬼滅の刃ですね。

平日の夜はとても静か

休日はどこも混んでいるもので、もちろん映画館も混んでいます。

しかし平日は空いています。

特に夜はすごく空いています。

空いているので席は自分の見たい位置を選び放題。

売店もすぐに買える。

何より館内の雑音、しゃべり声、スマホ画面の光などから解放されます。

どの映画も始まる前にあれだけしつこく注意していても守れない人っているんです。

自分の好きな作品のキャラが注意していてもできない人もいるのです。

スマホ画面の光は気になるけどまだ我慢できます。

小さなしゃべり声も気になるけど我慢できます。

そんな僕でも我慢できないことが起こりました・・・

まさかの歌唱

もともと映画は夜見に行っていたのですが、ある休日のお昼に見に行ったことがありました。

見に行ったのは当時話題になっていた君の名は。

話題になっていたこともあり混んでいましたが、僕はもう映画を見る気分なので席を確保。

一人で行っていたので選んだ席は悪くありませんでした。

僕の隣に座ったのは小学生から中学生ぐらいのグループ。

楽しみにしていたのでしょう、始まるまでずっとおしゃべり。

うるさいぐらいでしたが微笑ましいとさえ思っていました。

流石に映画本編が始まると静かになりました。良かった。

しかし、事件は起きました。

子供達が劇中歌であるRADWIMPS前前前世が流れ始めたら、なんと歌い出したのです。

それもまあまあな声量で。

その会場にいた人全員が驚いたことでしょう。僕も驚いた。

大きなスクリーンや音響にお金を払って家では体感できない環境を買っているのに台無しです。

最後まで見ましたが今でも作品の感想よりもこの記憶が先に蘇ってきます。

僕は思いました。これからは平日か夜に来ようと。

みなさんは映画館で歌わないでくださいね。

おおきにっ